メイン

FXのレバレッジ

FXは証拠金取引です。

この証拠金というのは、少ない資金で実際よりも大きな金額の取引をすることができ、これをレバレッジ取引といいます。

レバレッジとは“てこ”のことです。みなさんも小学校の授業で、『てこの原理』を使って重い物を動かした経験があると思います。

FXでも「てこの原理」(レバレッジ)を利用することで、実際にかける力(自己資金)以上の効果を引き出し、より大きな収益を得ることができます。

このレバレッジ率とはひらたくいうと倍率のことです。

たとえば外貨預金もレバレッジ1倍という言い方ができます。 ではレバレッジ1倍とは?

1ドル=117.00の時、1万ドルを買うと117万円の資金(丸代金)が必要になります。
117万円を入金して1万ドルを買えばそれはレバレッジ1倍の取引になるのです。

FXでも同じことです。FXの会社に117万円(丸代金)を入金して1万ドルを買えば、リスク・リターンは外貨預金と同じです。


FXの会社に入金をした時点でその資金は証拠金という呼び方になりますが、レバレッジ1倍で取引をすればそれは単に外貨預金と同じ運用効果になり、マージンコールなどはありません。


レバレッジが10倍のFXの会社もあれば、50倍の会社があります。もちろんレバレッジが高くなればなるほどリスクが高くなります。