« FXのレバレッジ | メイン | キャンペーン比較 »

FXのスワップ金利

FX(外国為替取引)の魅力のひとつにスワップ金利があげられます。低金利が続く日本にいながら海外の高金利のメリットを受け取れる。それがFXのスワップ金利です。スワップ金利を一言でいうと各国の金利差で得られるモノです。

やはりFX業者のHPページは説明が難しいです。なかなか理解するには時間がかかりますね。逆に平易に説明するのも難しいのかもしれません。さっそく平易なスワップ金利の説明にとりかかります。


まず、外国為替市場の●スポットのお話しをします。


外国為替がおこなわれているインターバンク市場というものがあります。FXは銀行同士がおこなうインターバンク市場とほとんど同じ取引が出来ます。

そのインターバンク市場は、スポット取引とフォワード取引があります。まず、スポットとは、外国為替市場(インターバンク市場のことですが)で売ったり買ったりされた取引は、通常2営業日後(銀行の休みは数えないわけです)に、実際にドルと円、ユーロと円を交換します。

スポットレートというものをそのうち聞くことがあるかもしれませんが、スポットで売り買いするときの為替レートなのです。この取引をスポット取引といいます。


フォワードとは?

これは簡単です。
スポット取引が2営業日後に実際に交換しますが、フォワード取引は2営業日後以外の期間で交換する取引です。1ヶ月とか、3カ月など期間が長かったりします。


□金利差について

スポットは2営業日後、フォワードはそれ以外の期間ですが、そうするとどちらも交換するまでの期間、両国の金利差を勘案してあります。

スポットは、2営業日分の金利差が為替レートに含まれてます。ですので、半年先に交換するフォワード取引のレートなどは、一目見ただけでも現在の為替レートと大きく異なったりします。(意味は分かりますよね)


ここから、すこしややこしくなりますが、頑張ってください。


スワップ金利とは?


●2営業日以上持ち続けると

アメリカと日本はもちろん金利が違います。日本はゼロ金利です。アメリカのほうが高い金利ですね。というとドルを買うと、2営業日分の金利も一緒についてきているわけです。そして、外国為替取引は2営業日までの取引を、どんどん先に乗り換えていく取引なのです。

ということは、乗り換えると、金利差分を受け取る事になります。原則は2営業日以降から乗換えが始まりますので、その後毎日金利差分を受け取ったり、逆に支払ったりということです。

この金利差分をスワップ金利といいます。
(スワップ金利、スワップポイントなどと読んでいる取引会社がありますが、意味は全く同じです)利便性を考えて、2営業日でなくても次の日から受払いが行われるFX会社もあります。


●どの通貨でもスワップ金利はあるか?

まず、通貨ペアという言葉から、お話しします。金利差ですので、必ず2つの通貨の組み合わせが必要です。円と米ドル、ユーロと米ドル、ユーロと英ポンドなどなど、この組み合わせをFXでは通貨ペアといいます。

各国の金利が一様で無いので、金利差は必ずありますので、スワップ金利も必ずあります。

金利差が大きければ大きいほど、スワップ金利も大きくなります。英ポンドは、現在1万ポンドで1日あたり240円以上のスワップ金利です。1ヶ月で6000円です。大きいでしょう?ただ、スワップ金利が大きいだけでFXを始めてはいけませんが、スワップ金利も大きな魅力の一つです。

FXを扱っている会社のホームページにはスワップ金利の数値が掲載されていることも多いので、参考にされてみてください。


スワップ金利の注意点

大事な事を忘れてました。スワップ金利は受け取るだけじゃありません。支払いも発生します。金利が高いほうの通貨を買えば、受取となりますが、逆にその通貨を売ればスワップ金利は支払いとなります。

先ほどの英ポンドは1万ポンドを売ればスワップ金利は1日あたり約200円支払うことになります。1ヶ月で約6000円です。これも大きなものでしょう?

通常、スワップ金利は受取の金額より支払いの金額のほうが大きいものです。何が何でもFXのスワップ金利は、良いものではありません。この事を考えてFXと付き合っていきましょう。