メイン

FXと上手に付き合おう

FXと上手に付き合うには何よりもリスク管理と資金管理が重要になってきます。FXは実際の取引金額よりも大きな金額の取引ができるため、為替レートが予想に反して動いてしまった場合、大きな損失が発生します。

FXは為替相場で取引をします。まずは為替相場の成り立ちを理解することから始まります。
そして為替相場は外国為替という通貨と通貨を交換する為替レートで変動します。FXはこの為替レートの変動により利益のチャンスを狙います。

まずは外国為替の変動要因をしっかり理解し、①ファンダメンダルズ②テクニカルの基本をマスターしていきましょう。この二つを理解する事がFXで勝ち残る、生き残る道であると考えられます。

それから次にFXの仕組みを理解するように努めます。
FXの仕組みは証拠金という特性から非常に難しいと感じるかたが非常に多いようです。しかしレバレッジのかけ方を理解するとFXが非常に楽しくなってきます。

レバレッジを1倍にすれ外貨預金の同等のリスク・リターンを、レバレッジを50倍にすれば少しの為替変動で利益を上げることができます。

FXは非常に自由度が高い取引なのです。逆にFXでは自己管理が非常に難しく、ついつい利益が出てくるとレバレッジを高くしてしまいます。くれぐれも最初はレバレッジを低く設定をしFXに慣れてきてからレバレッジを徐々に高くするようにしましょう。


それでは逆にFXのリスクとはなにか?

当たり前ですが、為替レートの変動がFXの一番のリスクとなります。この予想に反した為替レートの変動による損失拡大を抑えるために、マージンコール(追証請求)、ロスカットがあります。マージンコールとロスカットは仕組み自体が異なり、


これからFXを始める人が一番最初にぶつかる壁となることが多いようです。このサイトではリスク管理の最も重要なツールとしてロスカットとマージンコールについて解説しています。そのページも是非ご覧下さい。


FXを始める手順

【STEP1】FXの舞台。外国為替を学びましょう

FXは外国為替の通貨と通貨の交換レート(為替レート)で損益が発生します。その国の通貨の特徴を学び、通貨ペアの動きのクセをまず見極めることが重要です。


【STEP2】FXの仕組みを理解しよう。

レバレッジ、スワップ金利、スプレッドなどFXに必要な用語をまず理解しましょう。


【STEP3】FXの取引会社を選びましょう。

最後に非常に悩むのがFX会社の選び方です。FXの会社は非常に多いものの、まだまだ世間的に名前を聞いたことがあるFX会社は多くないと思います。

少ない利益を積み上げていくのにふさわしいFX会社(短期売買用FX会社)、スワップ金利を重視してノンビリFXをするのにふさわしいFX会社(中長期用FX会社)とさまざまです。

このサイトではFXを長年やっていて様々なFXのニーズに応え、人気のあるFX会社を紹介しています。皆さんがFXをやっていて口座開設をしている会社を掲載しています。

まずは多くのFX会社に資料請求をし、有名なFX会社の口座を開設してみましょう。