メイン

FXの仕組み【初心者】

今人気のFX(外国為替証拠金取引)について解説します


最近、注目を集めている外貨投資にFX、「外国為替証拠金取引」があります。外国為替証拠金取引はFXとも呼ばれています。Forign Exchange(外貨同士の交換)の頭文字をとり、今では外国為替証拠金取引はFXという通称で投資家に親しまれています。FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」といってもいいでしょう。外国為替証拠金取引を外国為替保証金取引、為替取引などという投資家もいますが、どれも同じ意味となります。


FX(外国為替証拠金取引)は他の外貨投資(外貨預金、MMFなど)に比べて、小さな資金ではじめられる・取引コストが低いなどの特長があります。ここでは外国為替証拠金取引(FX)についてやさしく解説しながら、そのメリットを探ってみましょう。


FX(外国為替証拠金取引)は、外貨預金と比べ、手持ち資金の何倍もの外貨取引をすることができる上、10倍以上安い手数料で取引が可能です。


外国為替証拠金取引(FX)は、各国の通貨に投資し、為替の変動による「為替の売買差益」や「通貨間の金利差(スワップ金利)」による収益を狙う外貨の投資商品です。


外貨預金のように投資する資金を全額用意する必要はなく、保証金や証拠金と呼ばれるお金を担保にすることによって効率的に取引を行うことができます。


例えば外貨預金で1万ドルを買うとします。1ドル=100円の時、1万ドルを買おうとすれば100万円の資金が必要となります。しかしFXでは約2万円から5万円程度(FXの会社により異なります)の証拠金で買うことができます。つまり証拠金で1万ドルを買うことができますのでレバレッジ(てこの原理)をかけていることになります。


また、外貨預金に比べて為替手数料が安く、金利が高いというメリットもあります。もちろん、投資ですのでリスクは当然ありますが、資産運用の手法として今注目を集めているのがFX(外国為替証拠金取引)なのです。

FX特集>>間違いだらけのFX会社の選び方