メイン

南アフリカランドの特徴

南アフリカ共和国は堅調な経済成長、金・ダイヤモンドをはじめとした豊富な資源、世界的なスポーツイベントであるワールドカップの次回開催地として国際的な注目を集めています。南アフリカランドはその南アフリカ共和国の通貨です。

南アフリカランド

南アフリカ共和国は世界有数の資源産出国で金、ダイヤモンドの世界屈指の生産量を誇ります。南アフリカランドの2003年頃から中長期的に価格変動を見てみると他の資源国通貨と同じように比較的安定した値動きをしています。また南アフリカランドは資源国通貨であることから金などの商品相場と連動している一面もあります。

南アフリカランドは豪ドル、NZドルのように比較的安定している外貨であることからキャピタルゲインよりもスワップ金利に焦点をおいたインカムゲイン重視の外貨として注目をされています。

南アフリカランドの英語表記はZARです。南アランドという言い方でFXをしている投資家には注目を浴びています。

その人気は目を見張るものがあります。

背景には南アフリカランドは対円レートが17円台と安いということが上げられます。米ドルなどは対円レートが120円と3ケタとなります。南アフリカランドでレバレッジ20倍で運用しようとすると証拠金は1万円程度となります。
この小口から始められるということが南アフリカランドの人気の秘密のようです。また南アフリカランドは資源国通貨という一面もあります。

南アフリカランドのスップ金利も非常に高いです。
1万円の証拠金に対して一日40円のスワップ金利がついてきます。
南アフリカランドをFXのポートフォリオにいれ、分散投資をするのもFXを楽しむ要因となるかもしれません。

南アフリカランドの国の基礎データ

名称:南アフリカ共和国 Republic of South Africa
面積:1,221,037平方メートル(日本の3.2倍)
人口:46,420千人(2003年データ)
首都:プレトリア
公用語:英語、アフリカーン語、ズール語など11言語
独立年月日:1910年5月31日独立
通貨:南アフリカランド
南アフリカランド

南アフリカランドの国の気候

南アフリカ共和国はアフリカ大陸の最南端に位置し、大西洋とインド洋に囲まれています。迫力ある大自然が有名で喜望峰、テーブルマウンテン、国立公園などが人気の観光スポットとなっています。東部地域では暖流のモザンビーク海流が流れているため季節風の影響を受け温暖な気候となっていますが、西部地域では寒流のベンゲラ海流が流れ、高い山の山頂では降雪もあります。最近、地中海性気候の東部地域で栽培されるワインが食通を喜ばせています。
南アフリカランド

南アフリカランドの国の産業

南アフリカ共和国は世界有数の資源産出国で金、ダイヤモンド、プラチナは世界有数の埋蔵量を誇ります。またBMW、メルセデスベンツなどの世界的な生産地にもなっておりアフリカの中では経済的にも裕福な国です。 2006年4月~07年3月の財政方針では2010年のサッカー・ワールドサッカー開催に向けた大幅なインフラ投資が見込まれ、歳出は拡大するが歳入も好調に増加するため財政赤字幅の拡大は縮小すると南アフリカ政府は見ているようです。また過去には人種差別政策「アパルトヘイト」があった国として知られています。

南アフリカランド

南アフリカランド(ZAR)の通貨ペア

南アフリカランド/円、米ドル/南アフリカランド、ユーロ/南アフリカランドなど

南アフリカランド関連のニュース

・2005年の自動車販売台数は前年比28.2%増の61万7.450台と、2年連続で過去最高を記録した。減税、低金利による家計の可処分所得の増加などが販売増加を後押し。06年も10%前後増加する見込みである。

・国内各地で停電が問題となっている。過去十数年、設備投資が控えられた結果、最近の急速な電力需要の拡大に発電・送電能力が追いついていないことが原因の1つである。

国営電力公社エスコムでは急増する電力需要に対応するため、休止中であった3ヵ所の石炭火力発電所(合わせて発電能力3,800MW)の再開作業とともに、西ケープ州に新たに2つのガス火力発電所(合わせて同1,000MW)を建設している。一方、政府は独立系発電事業者(IPP)による発電所建設も進めているが、いずれも操業開始は来年以降の予定である。南アフリカ共和国は近隣諸国へも電力を供給しており、近隣諸国の経済成長への影響も懸念されている。

・独立通信庁(Icasa)は、2005年12月9日に国内2番目となる固定通信事業免許を交付した。免許が交付されたのはセカンド

・ナショナル・オペレーター・テレコミュニケーションズ〔Second National Operator(SNO)〕で、インド財閥タタ(Tata)グループ、南アフリカ黒人企業企業や外国企業、さらに電力公社エスコムの子会社エスコム・エンタープライズ、国営運輸持株会社トランスネットからなるコンソーシアムで、テレコムによる公衆交換電話事業の独占体制が終了する。
テレコムの通信料が割高との批判がある中、新会社参入による通信料金引き下げへの期待は大きい。SNOは来年後半の営業開始を予定している。

・2005年第3四半期の実質GDP成長率は4.2%(季節調整済み・前期比年率換算)だった。第2四半期(5.4%)に比べて伸びは鈍化したものの、引き続き民間消費支出が経済成長を牽引した。
なお、2002年以降の実質経済成長率が上方修正されており、2002年が3.6%から3.7%へ、2003年が2.8%から3.0%へ、2004年が3.7%から4.5%へとそれぞれ変更されている。

・マニュエル財務相は2005年10月25日、来年度(2006年4月〜07年3月)から3年間の財政方針を示す中期予算方針を発表した。今後の経済成長率予測を示すとともに、予算には2010年のサッカー・ワールドカップ開催に向けた大幅なインフラ投資が盛り込まれた。歳出は拡大するが歳入も好調に増加するため、財政赤字幅の拡大は小幅にとどまると、政府はみている。2005年の実質GDP成長率は4.4%と予測されている。

・2005年第2四半期の実質GDP成長率(季節調整済み・年率換算、前期比)は4.7%となり、第1四半期(3.5%)より成長が加速した。家計消費が引き続き拡大したほか、国営企業による投資が拡大、輸出もランド安により大きく伸びている。

・2004年の対南アフリカ輸出は前年比43.7%増の29億434万ドル、輸入は28.6%増の46億168万ドルと、いずれも急増した。日本からの輸出では、南ア国内の自動車需要の増加に加えて、自動車生産の増加により自動車・関連部品が大きく増加した。輸入では、金属原料、金属品など鉱物関連が急増した。
一方、投資では、日本の財務省統計(報告・届け出ベース)によると、2004年度の対南ア投資は2件、8億1,300万円。新規投資は低迷した模様である。

・南アフリカ準備銀行によると、2004年の対内直接投資額(国際収支ベース)は、37億7,300万南アフリカランド(1ドル=6.63ランド、2005年7月29日、南ア準備銀行)となり、ネットでは前年から30.7%減少した。しかし、金融分野の大型案件があったほか、自動車部門での投資流入は続き、フローでは堅調だった。対外投資では、近隣諸国を中心にアフリカ向けが増加している。

・2004年の輸出額(通関ベース)は前年比12.5%増の2,950億2,771万南アフリカランド(1ドル=6.63南アフリカランド)、輸入額は18.6%増の3,060億6,411万南アフリカランドと、前年の縮小から一転、輸出入ともに2ケタ台の拡大となった。輸出は国際価格の上昇が続いた鉱物資源を中心に増加したが、輸入も好調な内需を反映して大幅に拡大したため、貿易収支は94年の民主化以後、初めて赤字に転じた。

・金利低下などによる消費の拡大を背景に、2004年の国内自動車販売は、過去最高の48万1,520台を記録した。2005年は50万台を超える見込み。
国内では、自動車産業育成を目的とした輸出優遇策であるMIDP(自動車産業開発プログラム)の見直し作業が2005年から予定されている中、進出自動車メーカー各社は新たな投資計画を相次いで発表し、生産・輸出を拡大させる予定である。

・南アフリカ準備銀行によれば、2004年の実質GDP成長率は3.7%となった。堅調な家計消費に加え、減税や公定金利の段階的引き下げから可処分所得が増加しており、人口の約8割を占める黒人の中間所得層でも消費が拡大した。
しかし、失業率は依然として高く、家計の債務比率も上昇していることから、消費拡大が2005年も持続するかが焦点となる。

・銀行業界ではリテール部門が好調で、黒人層を含む中間階層の消費が活発化していることが背景にある。各銀行では低所得者向けの銀行口座を立ち上げ、一層の市場拡大に向けた取組みを行っている。

・政府は2004年10月20日、国営電力会社エスコム(Eskom)と国営運輸持ち株会社トランスネット(Transnet)の、合わせて今後5年間で1,210億ランドを投入する投資計画を承認、閣議決定した。財務省が国会に提出した2005/06年度から3年間の中期予算方針でも、外国為替規制の緩和とともに、インフラ投資に重点を置くことが示されている。アジア地域の需要拡大に対応するため、鉱業、製造業部門で増産が続いているが、港湾、鉄道など輸送部門の処理能力が追いつかず、輸出に悪影響が出ている。

・2004年6月末に南アフリカを含む南部アフリカ関税同盟(SACU)と中国との間で、自由貿易協定(FTA)交渉開始が発表されている。発表時点では2004年末をめどに交渉を開始し、その後2年以内の締結を目指すスケジュールが予想されている。

・2000年以降は概ね3%前後の成長で推移している。個人消費の活発化に加え、2002年までは2000年から一度急落した南アフリカランドが輸出を牽引する側面があった。2002年後半以降は、一転してランドは高騰している。外国投資も自動車、鉱業部門を中心に好調を維持しているが、通貨南アフリカランドの動向が目下の課題である。

・94年のマンデラ前政権発足後は、年率3%を越える成長を達成したが、98年にはアジア経済の不振による輸出の伸び悩みと、高金利による内需低迷により、成長は0.7%と急速に鈍化した。しかし、99年には運輸・通信、金融・不動産、農業部門が好調で1.9%成長に回復した。

南アフリカランドのFX比較

南アフリカランドが取引できるFX会社比較

レバレッジ、スワップ金利、手数料などを比較。