メイン

FXの過去と未来

FXの過去と未来について


わが国においてFXという商品は、1998年の外為法改正によって世に誕生した。この頃まだ外国為替証拠金取引(FX)という言葉は市民権を得てはいなかった。FXが投資家の間で認知されるのはまだまだ先の話しである。


しかしFXは海外においては、それ以前から存在していた。日本においては外為法改正以前、個人で取引をするには外国のブローカーを利用してこの取引をするほかなかった。

外為法改正前の日本では個人が為替をインターバンク(銀行間市場)とほぼ同等のスプレッドで24時間、証拠金をベースに取引することは考えられなかったが、外為改正法後様々なFXの会社が誕生し、現在ではそのサービスも様々である。


2005年はFX(外国為替証拠金取引)業界が金融監督庁の管轄となった元年であり、公設市場のくりっく365も創設されFXはますますの発展が予想されている。


そしてこの頃から外国為替証拠金取引は「FX」と呼ばれ株式投資、商品先物、オプション取引などを積極的に投資していた個人投資家からの熱い注目を浴び、一方でFXは外貨預金など外貨建て金融商品で運用していた投資家にも注目をされるようになり、FX人気は盛り上がりを見せている。今では外国為替証拠金取引(FX)という言葉自体が市民権を得たとも言えるだろう。