メイン

くりっく365とは

1998年の改正外為法の施行以降、FX業界には取引を規制する法律や監督官庁がなかったため、悪質な勧誘行為をするFX業者が多くありました。そのほとんどは電話にとる勧誘がさり、投資家とのトラブルが急増し健全な市場作りが急務となっていました。

このような状況を受け、FX(外国為替証拠金取引)を規制する改正金融先物取引法が2005年7月に施行され、「取引業者の金融庁への登録義務」、「取引業者の財務基盤の健全性の確保」、「希望しない顧客に対する取引勧誘の禁止」などの国のルールが定められました。

金融先物取引法による各種規制とあわせて、東京金融先物取引所(金融取)は、外国為替証拠金取引の透明かつ公正な取引の場を提供することを目的として、外国為替証拠金取引の公的な市場『くりっく365』(取引所為替証拠金取引市場)を開設しました。

今ではくりっく365に参加するFX会社が相対取引の大手FX会社の一角を占めるまでに成長しており、今後益々の発展が期待されています。


くりっく365の安全性

まず相対取引の業者に預けた資金は信託法の元、信託保全されています。それに対してくりっく365に預けた資金は国によって保全されます。


くりっく365の特徴

くりっく365は国が運営する初の取引所取引です。相対取引のFX業者と比較すると大手が参加していない一面もあるものの、くりっく365の透明性などは今後のFX業界の一翼をになっていくことと思います。もちろんくりっく365はこれからFXを始めようとする方にも非常に魅力です。


くりっく365の取引価格
複数の金融機関が提示する売買価格のうち、もっとも顧客に有利な売買価格での取引が可能。売買価格も、取引状況についても開示されるので、非常に透明性の高い価格で売買が可能。


くりっく365のスワップ金利

同一通貨の建て玉については受け取り、支払いともに同額。くりっく365の取引時間原則として土曜、日曜、元日を除く毎日、約24時間いつでも取引を行うことが可能。


くりっく365の税金

雑所得に区分。(申告分離課税が適用され、税率は一律20%)株式先物、商品先物などとの損益通算や損失の翌年度以降への繰越を行うことができる。くりっく365では、所得の無い人でも一律20%の税金が徴収されます。 既にリタイヤをし給与所得などを得ていない方、専業主婦の方も一律20%です。

逆に損失を出した場合でも、確定申告をすれば「損失の3年間繰越控除」が受けられるのはくりっく365のみです。

所得税率が20%未満の方はくりっく365以外の相対取引業者を選択したほうがいいと思います。
すでに所得税率が20%以上のサラリーマン(総所得700万円以上)の方の場合は、税金面を考えればくりっく365を選択したほうがいいでしょう。


くりっく365の参加条件

くりっく365の取引業者金融先物取引法と取引所の基準の両方を満たした業者のみが取り扱い可能。(純資産50億円以上の企業)
くりっく365の取引相手方取引所が取引の相手方となる万が一、業者が破綻しても、取引所取引で保有しているポジションについては、未決済の利益を確定すること、ほかの業者にポジション移項することが可能。


くりっく365の証拠金の保護

金融先物取引法に基づき、業者は証拠金の全額を取引所に預託する義務がある。預託された証拠金は取引所により分別保管される。万が一破綻した場合でも取引所に預託された証拠金であれば全額返却される

くりっく365の会社紹介

くりっく365は取引所取引です。しかがって為替レート(プライス)はどこのくりっく365参加業者も同じです。しかしながら、キャンペーンなどにより取引手数料がお得な会社や独自に取引システムを持っている会社などがあり、くりっく365でも多少異なります。

まずは様々なくりっく365の業者に資料請求や口座開設をしてみましょう。

取引手数料がお得なくりっく365業者

ハーベストフューチャーズ
三貴商事 

独自のシステムを持つくりっく365業者

三貴商事
コスモ証券


くりっく365業者の一覧

くりっく365の口座開設

くりっく365口座開設ページです。